私のメタポをいかにしてダイエットしたかです。

私の部で3人が人間ドッグで引っかかりました。私は入社当時はウエストが73cmで体重が50kgあったかどうかでした。
この私がメタポになろうとは考えてもいませんでした。やはりお腹がきつくなったと気が付いたのは会社で椅子に座ったときです。歳は50歳くらいの時です。

お腹が邪魔になるのです。それでバンドを緩めたり、一番上のボタンを外していました。
そこで引っかかった人の一人は糖尿病の気もあると。やはり理由は加齢とお酒と運動不足と社内食堂でしょう。
社内食堂では好きなだけごはんを食べることができたのです。これでほとんど運動しないのであればだんだん太ってくるのでしょう。
運動といえば月に何回かのゴルフくらいでした。

皆先生に驚かされたのです。ウエストが85cmを超えたら、もう立派なメタポだと。このままいくと寿命を縮めますよと。
そこで3人で相談して私たちはなるべく社内食堂は利用しないと。そのため近くにあった市役所の第2食堂です。
市役所も手狭になり、あっちこっちに分庁舎がありました。そのなかに第2食堂があったのです。
ここは通常は市役所の勤務者の食堂ですが、一般の人にも開放されていたのです。
ちょっと分からない所にあったので穴場でした。

ここの一番よかったのはメニューにカロリーが表示されていたのです。それで私たちは銘々カロリーが少ないものを選んで食べたのです。
私は芋の煮物とか納豆とかひじきとかの昔のおかずが多かったですね。その後は3人で近くにあった野球場の公園を歩いたのです。
エレベーターもなるべく乗らずに歩くようにしました。残業がないときは帰りはJRの1駅を歩きました。これは10分くらいです。

後は意識して努力したのは、会社に行くときに利用していたバスに乗るのをやめて、往復歩きました。
これは片道20分以上だったと思います。これらを数年しました。
それで体重も10kg以上、ウエストも10cm少なくなりました。まあ自分では努力したと思います。